HOME > 私と着物 > 自己流だけど評判の良い着付け

自己流着付けで十分

一応ね、着付けを習ったんですよ。織物会社に勤めている頃、着付けの先生とも繋がりがったので紹介してもらって。一通り習いましたが、自分で着物を着るうちに、「こうした方が簡単」「こうしたほうがらくちん」ということに気付くことがたくさんありました。
着物の作り、構造、が分かってくると、ちょっとしたコツを掴めるんですよ。難しく考えずに、いかに上手に手抜きをして着物着るか、ってところがポイントですよ。

それに、母にもいろいろ教えてもらえたので、崩れにくいコツとか、お出かけ先で崩れた時の対処法とか、いろいろあるんですよね。

着れば着るほど要領も良くなるし、短時間で着れるようになるし、着物を着ていて疲れちゃうなんてこともありません。

むしろ、背筋がピンと伸びてシャキッとしますよ!


よく褒められるんです

お茶会ですとか、踊りの発表会などは、着物に詳しい先生方もたくさんいらっしゃるので、下手な着方はできませんし、気を付けるべきところは、考えます。しかし、「知っていること」なので、難しいことではありません。

そして、いつもよりも時間をかけて丁寧に着物を着ます。そうすると、いつも褒められるんですよ。どこでお着付けされたんですか?って。そんな時は、嬉しいですよね。自分で着てるんですよ、ってちょっとだけ誇らしげな気分に。

自己流ですが、自分の体形を知っているので無理のない着付けができているとでも言いましょうか、バランスが良いのかもしれません。

お茶や踊りをされている方でも、ご自分では着物を着ることができない方はたくさんいます。それが悪いということではありませんが、着れないより着れたほうが何かと便利です。

満学屋の無料査定はコチラ>>

このページのトップに戻る