HOME > 着物リサイクル体験談 > 失敗談2

リサイクル業者Bについて

失敗談として、リサイクル業者B、のお話をします。

業者Bは、問い合わせ3軒目、査定に来て頂いたのは2軒目の業者です。

出張査定| 可(無料)、問い合わせてから5日後
電話対応| 落ち着いている、淡々としている
査定員 | 男性
滞在時間| 30〜40分程度

電話の担当の方とは違うがいらっしゃることは良くありますが、電話の印象とは全く違うタイプの方がお店になったので、ちょっと拍子抜けしました。電話では落ち着いている雰囲気の対応だったのですが、いらした方はものすごく明るく、関西人のようなノリの方でした。ちょっと軽い印象で、査定が心配になりました。
しかも、着物の取扱いがちょっとザツで、きちんと見てくれない印象。これでは、どんなに高額がついても、買い取りはお断りしようかしら、という気持ちになりました。


買い取り提示額など

そうして提示された査定価格は以下となりました。

【査定の結果】  ※( )内は満学屋さんとの差額

・訪問着1(友禅)→ 8,000円(−20,000円)
・訪問着(辻が花)→10,000円(−98,000円)
・訪問着(絞り) → 8,000円(−27,000円)
・付け下げ(作家)→ 7,000円(−45,000円)
・江戸小紋 → 4,000円( −5,000円)
・紬(塩沢) → 6,000円(−39,000円)
・紬(結城) → 7,000円(−31,000円)


1軒目の査定額よりさらに低くて、もう悲しくなる提示でした。しかも、査定員の方の軽い印象が追い打ちをかけ、傷ついてしまいました。どんな方がお見えになるかは、実際に来て頂かないとわかりませんし、ある意味「運」もあると思うので、何とも言えないのですが、ちょっとひどいなと思いました。
それに、着物に対する知識もさほど感じられず、価格の付け方も疑問だらけでした。思い出すだけでも嫌な気分になるリサイクル業者です。

満学屋の無料査定はコチラ>>

このページのトップに戻る