HOME > 着物リサイクル体験談 > 失敗談1

リサイクル業者Aについて

失敗談として、リサイクル業者A、のお話をします。

業者Aは、最初に査定に来て頂いたところです。

出張査定| 可(無料)、問い合わせてから2日後
電話対応| 丁寧で好印象
査定員 | 男性
滞在時間| 1時間半程

電話対応の印象から、落ち着いていて丁寧だったので、好感が持てました。
タイミングがあったので、その2日後に来て頂き、礼儀正しい対応で安心しました。
ただ、見てもらう着物に対して、少し口数が少ないような気がします。価値や印象など、なんでもいいからお話してくれれば、着物に対する知識だとか、経験などもある程度感じられるのですが、そのあたりがイマイチ不明でした。


買い取り提示額など

そうして提示された査定価格は以下となりました。

【査定の結果】  ※( )内は満学屋さんとの差額

・訪問着1(友禅)→11,000円(−17,000円)
・訪問着(辻が花)→25,000円(−83,000円)
・訪問着(絞り) →10,000円(−21,000円)
・付け下げ(作家)→ 9,000円(−43,000円)
・江戸小紋 → 3,000円( −6,000円)
・紬(塩沢) →15,000円(−30,000円)
・紬(結城) →15,000円(−23,000円)

一万円が付けばいい方だ、とも聞いたことがありましたが、私の感覚からすればやはり低い査定額の印象でした。初めての査定ということもあり、即決することはできなかったので、少し考えさせてもらうことにして、お引き取り願いました。

満学屋の無料査定はコチラ>>

このページのトップに戻る